MacBookのエンターキーが沈んでしまってさあ大変【10日目】

3周期目のShort-call dayになりました。入院中の患者の発表については、SOSOAPという形式が一般的ということで、少しそのことでも書き留めておこうと思います。

まあ、有名なSOAP形式にSOを付けただけなので何も難しくはないんですけどね(笑)

Summary: one-linerで患者の導入をする。”Chicken Egg is a 22 yo M with history of ~, who presented with ~”ってやつです。

Overnight: 夜間の急変やラボデータの重要な悪化があれば、この時点で述べます。何もない時の定型文は、NAEO(N); no acute events overnightでめちゃくちゃ便利です笑

Subjective: 患者の訴え。ここからはいつものSOAPと同じですね。

Objective: Vital→Physical exam→Labs→Imagingの順で。

Assessment and Plan: 重要な順に並べて、主要な結果と直近の方針を述べます。

+α Dispo: 退院が近い場合は何が律速になっているのか、いつ頃かということを話します。

こちらの病院では、とにかく退院、退院、退院を目指します。

UpToDateなどを用いたエビデンスに基づいた治療をすること、そして静脈路を外せないか、痛みはオピオイドではなくTylenol(アメリカのアセトアミノフェンの商品名。だいたい腎不全とか持っているのでNSAIDsは避けてTylenolに依存しがちな印象ですw)でうまく管理できているかに注目して考えて行きます。

今日はShortなので1日は短く、明日はPre-callなのでさらに短く終わりそうです。

時間に余裕があるということでついにEBMの発表が!!

その準備をしていたのですが、、、

Macbook Proのエンターキーが沈んでしまい、反応がとても悪くなってしまいました。

やっとAppleも認めた「バタフライキーボード問題」。MacBookとMacBook Proで修理プログラムが開始(gizmodo、2018年6月)

前回は下ボタンだったのさほど影響なく済んだのですが、今回はエンターキーということでさあ大変。しかもよりによってアメリカで発症。2018年6月からリコールかかっていたし早いうちに持って行っておけばよかった…

MacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラム

2016年モデルのMacBook Pro 13 inchということで、当然該当していました。

13 インチ MacBook Pro (Touch Bar 非搭載) バッテリー交換プログラム

以前に把握していたバッテリーの不具合にも該当していたので、ちょっと不運ですね(泣)

2017年12月に注文した型落ち=2016年モデル=モデルが一新されたタイミング

ということに今更気づきました。これが俗に言う人柱だ・・・笑

下ボタンと同じだったらしばらく耐えていれば治るので、我慢して頑張っていきたいものです・・・

明日はいよいよEBMのことを書いていきます。

*********
他の医大生ブログに飛べ、私のモチベーションにもつながるこちらのボタン、ぽちっとお願いします!
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
レグレンタル(大)その1
レグレンタル(大)その1

『MacBookのエンターキーが沈んでしまってさあ大変【10日目】』へのコメント

  1. 名前:Wonder 投稿日:2019/02/22(金) 10:20:11 ID:0a0d43492 返信

    こんにちは

    エンターキーが沈んでしまったんですね
    お高いパソコンですから
    早く治るといいですね