学生のカルテを書いた方がいいんじゃないか

実習で病棟を回っていると、自己紹介をさせられる機会がかなりたくさんあるように思います。出身校と部活・興味のある科などなどの一連の流れを、新しい先生が来るたびに、多い時は週3〜4回は繰り返させられるあれです。

もう班員の自己紹介も飽きてきた頃。

居なくても代わりにやってあげられる自信すらあります笑

そこで有名高校出身だったり、部活に入っていたりすれば話も膨らむものですが、班員の部活ではなく別のお仕事をされている再受験の方が

「自己紹介録音しておいて毎回再生する形式にしたら、一体どれほど時間を短縮できるだろうか」と笑

毎回毎回同じことを聞いてしまわないために、先生間での情報共有のツールが必要なのではないでしょうか・・・!

ん?そんな時に役立つ病院のツールがあったじゃないか!

電子カルテ

主訴(自己紹介)や雑談の内容を先生が記載し、次の先生がまた膨らませる。こうして先生たちはより早く、より深く学生のことを知ることができ、楽しく充実したポリクリ生活を送ることができる。

うーん、書く時間が無駄か。

*********
他の医大生ブログに飛べ、私のモチベーションにもつながるこちらのボタン、ぽちっとお願いします!
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

留学をもっと有意義にするための英会話教室、Mainichi Eikaiwaのご紹介
Mainichi Eikaiwa HPへ

文化放送レジデントレビューで連載中!偶数月15日更新です!
たまごのひよこ「医」コラムへ
スポンサーリンク
レグレンタル(大)その1
レグレンタル(大)その1