無責任な批判は無視して前進すること

昨日は飲み会を早めにスタートして早めに切り上げ、はしごでいつもの近所メンバーの家へ。

Nintendo SwitchのFIFA18を持っているという、どう考えても僕の自制心では勉強できないだろっていう家でのんびりFIFAやったり、YouTubeを見たり。その後、テレビとアプリの2画面で日本ーポーランドとコロンビアーセネガルを観戦しました。

結果は皆さんご存知の通り、ポーランドに負けるもセネガルがコロンビアに負け、直接対決も引き分け、得失点差も総得点も同じで、カードの少なさで決勝トーナメントにギリギリ進出しました。

コロンビアがいつ失点するかも分からない中で、1点差のままイエローカードを貰わずに試合を終えて2位で通過しようという作戦に変更した西野監督の采配には、大変驚かされました。

通過できてもこれだけ賛否両論を巻き起こしているのに、敗退していた時のことを思うと、よっぽどの強心臓なんだなと思いました。ガンバやグランパス、ヴィッセルの監督をしていた頃にはそんなイメージはなかったのに。

冷静になって考えてみると、1点リードしたことで安全なタイミングでしか仕掛けないであろうポーランドに前がかりになったら、カウンターで更に失点する可能性の方が高いですからね。特に6人入れ替えて攻撃では特に役に立たない山口蛍選手も出して、交代枠を岡崎選手で使ってしまっている状況ではねえ・・・

コロンビアはこの後のことを考えても、引き分けで2位通過するより1位通過した方が勝ち上がれる可能性も高いですし、相当良い流れを作っていたので、他力本願でしたが一番可能性が高い選択だったんですよね、多分。

今回の件は、すごいなと思うと同時に、「無責任な他人の意見」というものの無意味さと及ぼす悪影響の大きさを感じるきっかけになりました。

毎週末声出して色々発散して、楽しませてもらってはいるけど、この感覚を味わうたびに、「自分が直接は関われないものでこんなに多くのストレスを与えられるなら、いっそ気持ちを込めるのを辞めてしまいたい」と思ってしまいます。

ルヴァンでの敗戦を受けての記事「虚無感の中で思うこと。」より

この時とも似ている感覚です。

やっぱり自分の実力や選択と向き合うことは一番の基本として忘れてはいけないんだなと改めて感じました。楽しいから時々はバカ騒ぎするけどね!!!

最近はもう1件、最近学校の筋トレ界隈で話題の与沢翼のダイエットでも、同じようなことを感じています。

https://twitter.com/chicken7egg/status/1010691299635126272

結果に逃げるな、はしんどいですね(笑)

これも正論。僕もそろそろ何か結果を出さないといけない頃だなあ。

これこれ。西野監督も、このメンタリティなんだろうな。

現場の最前線の人には外野は何も言う資格はない(協会とかフロントには言うけどw)。

体型でも与沢翼に負けてしまったら、もう叶うものはない、終わりだと、一同彼を尊敬しながら気合を入れなおしたのでありました。

僕も一人暮らしになって食生活を意識してウェイトも増やして、少しずつ色々よくなっている気分になっていましたが、一念発起してiPhoneと連携できる良い体重計を買おうと思います。

その一方で、本当に信頼できる人の心からのアドバイスは素直に聞き入れる心を持たないとな、とも思っています。

担任の先生は奥さんから普段ほとんど意見を言われることはないみたいですが、時々言われたことは正しいからそれには絶対に従うのが自分のルールだとおっしゃっていました。

そんな風に思える素敵な相手が欲しい。

*********
他の医大生ブログに飛べ、私のモチベーションにもつながるこちらのボタン、ぽちっとお願いします!
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

文化放送レジデントレビューで連載中!偶数月15日更新です!
たまごのひよこ「医」コラムへ
スポンサーリンク
レグレンタル(大)その1
レグレンタル(大)その1

『無責任な批判は無視して前進すること』へのコメント

  1. 名前:柳生晃伸 投稿日:2018/06/30(土) 00:12:20 ID:210f6239c 返信

    世の中、無責任な批判に溢れかえってますからね。
    自分の尊敬する師匠、先生は自分で決めるから、それ以外の奴らは黙ってろ。
    って感じです。

    たまひよさんは身近にメンターがいるようなので良いですね!

    • 名前:たまごのひよこ 投稿日:2018/07/01(日) 11:57:41 ID:a9dd5527b 返信

      柳生さんお久しぶりです。コメントありがとうございます。
      身近なメンターの存在は本当にありがたいです!
      無責任な批判を人にぶつけることのないよう、そしてきにすることがないよう気をつけて生きたいですね。