美容院で男女の筋トレの違いを考える?

過去記事に書いた功労賞が無事?終了し、12から始まる試験ウィークをケアらなくてはいけないものの一瞬の暇が生まれたので久々の美容院。

美容師の男性が、最近筋トレを始めたとのこと。
「ごつく見えるけど何やってるの?」という嬉しい質問から、ジムには行っていないが、ランニングと自重でのトレーニングを行っているという話を聞く。

話は男性の筋トレって大体女性のより成果が高くて、締まっていくよねという話に。
これは正しい部分もあるし、そうとは言えないところもあると自分は思っている。

先にそうとは言えないところについて。
おそらく女性の方が標準的な状態よりもかなりやせ型を目指すということ。
イメージでいうとこんな感じ↓
無題

身の回りで聞く典型的な男女のセリフとともに掲載してみる。
これが正しかったからといって、女性がイメージ図でいう標準の状態でいいや、と思う訳はないので、男性の皆様におかれましては、女性の前で吹き出しのようなセリフは言わないよう、十分にご注意ください。

話を戻して正しいと思う部分について。
多くのアスリートでない女性にとって筋トレは、「スタイルを良くするための特効薬」というイメージを持たれている気がする。
実際、サイトで「女性 筋トレ」と調べると、これさえやっておけばOK!というようなゆる~いサイトが多く見受けられる。お勧めしているトレーニングの強度も低そうだし、回数も1日10回とか3分とか。
その部分の筋肉を使う意識付けにはなるかもしれないが、大した効果が得られるはずがないと思ってしまう。

逆に「男性 筋トレ」を調べてみると、大きい筋肉から動かせるメニュー、とか食事にも気を使って、とか、2週間やそこらでは効果は出ないし継続が大事、とか。周りに体育会系のゴリゴリ練習している人が多い分、筋トレが地道なものであること、限界近い出力でないと効果がないこと(オーバーロードの原理)を理解しているからじゃないかな~と。

いい感じに考えるきっかけになった散髪でした(笑)

—————————
1日1回、お願いします。
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

*********
他の医大生ブログに飛べ、私のモチベーションにもつながるこちらのボタン、ぽちっとお願いします!
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
レグレンタル(大)その1
レグレンタル(大)その1