授業で恥を晒して強くなる

今日も一日病理デー。
正解の記号すら変えない、語群から正しい単語を選び出す問題を何年も連続で出し続ける先生の授業っていったいどんな感じなんだろう、という好奇心で授業に向かったのである。
電車が遅れて少し遅刻をしてしまったのだが、想像通りまだ先生はいらっしゃらなかった。
うーんこれは余裕か。来る意味なかったかなという思いが頭をよぎる。

しばらくすると数十年前教授をしていたというおじいちゃん先生がやってきて授業開始。
心臓の発生の話から入ったのだが、時々詰まったりとおじいちゃんらしくはあるが非常に分かりやすい。

時々解剖や発生の知識を確認してくるが、意外と思い出せず苦労。 
かなり年配と思っていた今年で定年の解剖学教授の名前を出し「○○に言いつけぞ~」などと厳しい指導を受ける。
「◯◯って呼び捨てかよすげえな」という雰囲気が教室に漂う(尚安定の20名前後笑)

そしてフワッとあくびをしてしまった生徒にも
「大人なんだからのどちんこを見せて…グチグチ」

寄生虫の先生が東医体ヘアーでやってきて最前列に座ってるテニス部の同級生を見て言っていた、
「昔病理の教授で金髪でやってきた奴をその場で黒染めさせた人がいる」
って絶対この人だ…

とりあえず自分も簡単な解剖を答えられず恥をかいたのだが、これはもう絶対に忘れない自信がある(笑)
試験勉強をしていても断片的に授業の記憶がよみがえって覚えるのが楽だったりするし、眠かったり忙しかったりすると一時の楽さを求めて切りたくもなるけど授業には出なきゃなぁ…

—————————
1日1回、お願いします。
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

*********
他の医大生ブログに飛べ、私のモチベーションにもつながるこちらのボタン、ぽちっとお願いします!
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

文化放送レジデントレビューで連載中!偶数月15日更新です!
たまごのひよこ「医」コラムへ
スポンサーリンク
レグレンタル(大)その1
レグレンタル(大)その1