隙間時間の救世主Anki

お久しぶりです。
気づいたらアメリカ大統領選挙の投票が始まっていました。
と書き出してみたけど政治についての知識がミジンコほどしかない…

この間授業に来た先生が紹介していた私の履歴書を読むためにも、親の日経新聞のアカウントを拝借して日経でも読みましょうかね笑
(三日坊主にすらならないんじゃないかと思われる)

過去記事(「いい大学ですね」と皮肉られる等)で書いた通り、通学時間を無駄に過ごしてしまうというのが最近の大きな悩みであった。
これを解決してくれそうなアプリを発見した。

その名もAnki。
Ankiで暗記。そのまんま過ぎてダジャレにもならない(ノ`Д´)ノ
外国人の方が作っているようだが、そんなに「暗記」という単語は知名度が高いのだろうか…

一般的な単語帳アプリ(昔はQuizletなんかを使っていたことも)と違って何がいいかというと
・1つの大きな単語帳から一部を取り出したり、まとめて学習したりというのが自在に行える。
・PC、スマートフォン(Androidは無料、iTunesは3000円かかるので注意)で同期可能
・ネット上に様々な単語帳が共有されている(USMLE向けのものも!)
・出来具合によって次に出てくるまでの期間を調節できる(これは何回正解しているかでも変わる)
・正誤確認が入力(一字一句の間違いも許されない)ではなくタッチ(ミス・できた・簡単と出来具合を自分で決められる)

などなど。

臨床薬剤学の勉強で使い始めてみたので、以下にそのスクショを。
image
正誤が自分の感覚で決められるので、単語帳の裏面に当たる部分に説明書きをしてもOKというのも良い!
「普通」を選択して1日後に再びそのカードに遭遇すると、今度は10分・1日・2日・4日という風に少し長めのインターバルから選ぶように提示してくれる、ととても便利。

しばらく勉強はこれで行きます笑

—————————
1日1回、お願いします。
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

*********
他の医大生ブログに飛べ、私のモチベーションにもつながるこちらのボタン、ぽちっとお願いします!
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
レグレンタル(大)その1
レグレンタル(大)その1