「いい大学ですね」と皮肉られる

他大の教授がいらっしゃって、やれなんとか大は教室内の席が指定なので席にマンガを置いといて読みふけっている奴らがいる、とか、なんとか大は学生証タッチで出席を取るから厳しいとか。
そんな中、1限始まりの定刻(朝9時)の出席が13人/約110人だった我々は、「いい大学ですね」と皮肉をたっぷり込めた一言をいただいた。

ちょい遅れでパラパラと入ってきた人達と合わせて、今まで来た先生の名前と研究内容のクイズをされるも、全く答えられない。シラバスをカンニングしながらちょろちょろ答えていくが、中々にキツい戦い。
 いい先生方が来ているのだから、主な業績や地位くらいは頭に入れておいて授業に臨んだらどうなんだ、と言われ、「なにくそ~」と思ったが後々考えてみるとこれは大変もっともな指摘だろう。

ゲームとたきいさんのブログ(絶賛遡り中)で消費してしまいがちな朝の電車でやることのリストに、その日授業してくださる先生をGoogle先生で調べてみる、というのを加えてもいいかもしれない、と思った。

そんな「いい大学」では、今日は1大イベントの、「解剖試問担当教員発表および試問1日目」が行われる。
普段はギリギリ到着~ちょい遅刻で来がちな2年生が、恐怖におびえながら20分前ほどから解剖室の前に集合し始める。
鍵が開くと入ってすぐのところに班番号ー担当教員のリストが掲示されており、悲喜こもごもの声が上がる。表はすぐに学年ラインにアップされ、Twitterやラインで後輩から先輩に部員の安否が連絡される。

そんなイベントである(去年は勿論そんなことを言っている余裕はなかったのだが…)

我が部はどうやら1人が解剖のドン、2人が部下のネチネチした厳しいヤツに当たったとか。この辺に当たると【悲報】という感じである。冥福を祈る。

 —————————
1日1回、お願いします。
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

*********
他の医大生ブログに飛べ、私のモチベーションにもつながるこちらのボタン、ぽちっとお願いします!
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
レグレンタル(大)その1
レグレンタル(大)その1

『「いい大学ですね」と皮肉られる』へのコメント

  1. 名前:たきい 投稿日:2016/11/01(火) 18:06:34 ID:afb8f4de7 返信

    はじめましてー!

    ブログの遡りチェックありがとうございます!
    昔の記事は自分でも書いた内容を忘れているくらいですが(笑)、非常に嬉しいです。

    昔は授業の出席率が低くて当然だった時代があったそうですよね。
    うちの大学の出席管理は厳しいので、まだ古き良き時代の大学が残っていてくれたか!と思いました。

    私のところ然り、近年学生を縛りつける教育方針が支配的ですが、「疑問を持って自発的に勉強する機会」を阻んでいるように思えてなりません。詰め込まれる医学知識は、養豚場のトウモロコシのようです。

    全授業の出席が取られて学生が学校に来ているような大学出身者は、医者になってからのスタートダッシュこそ速いかもしれませんが、その先の医者人生で困難にぶち当たったときに知恵を絞って問題を解決できる能力を鍛えられていないよなと思います。

    時代をリードする人材が出てくるのはブログ主さんのような大学に違いないと、古き良き時代に憧れを持つ私は思います(笑)

    名前を出していただいて嬉しくなったあまりに長々とコメントしてしまいました。今後ともブログ更新楽しみにしてますね!

  2. 名前:たまごのひよこ 投稿日:2016/11/02(水) 14:18:54 ID:589fc6ab0 返信

    コメントありがとうございます。(たきいさんに影響されて1か月前にブログ始めた人(笑))なのでとてもうれしいです。

    毎日更新なのに、寮生活・サイクリング・飲み・飲み・飲みといった感じで(笑)書くことが無くならない5年間ということで、刺激的な毎日を送られているのだろうと羨ましく思います。読んでいると、同じ医学生なのに文章力がどうしてこうも違うのかと思う機会も多く、たきいさんのいつかの記事に書いてあったように、私も書きつづけて少しでもいいものが書けるようになればいいなと思っています。
    また、私は勉強・部活・部活・部活…という感じで、たきいさんや後輩の皆さんが作り上げてくださっている東医体を楽しみに日々生活しています。ありがとうございます。

    日々他大の友人や、先生方から「これで大変と言っているようじゃうち(よそ)ではやっていけないぞ」と言われている我々ですが、仰っていただいたように時代をリードする人材が生まれるのか、ただの怠け者が生まれるのか、自分としても楽しみなところではあります。

    これからも宜しくお願いします。