普段学校にパソコンを持っていく必要がないことに気付いた【Macが欲しいシリーズ】

今日も、相変わらず1時間しか持たないバッテリーをこまめに充電しながら、次のパソコンを探していますww
充電器とコンセントに縛られる人生は、辛いです笑

最初に現在使用しているデバイスをまとめ。
NEC LZ750SSB LaVie Z(’14/5) 2014/8~
iPad Air(Wi-Fi) 32GB(’13/10) 2015/4~
HUAWEI P9 lite(’16/6) 2017/9~

悩んでいる対象は、MacBook(12インチ)・MacBook Pro(13インチTouchbarなし)とその細かいスペック。最初は、
「家や学校で様々な用途に使える万能なヤツ!」
位のイメージしかなかったのですが、調べていくうちにMacについての色々なことが分かり、イメージが固まってきました。
てか、Apple信者で、Appleについて記事書いている人数、めちゃくちゃ多い!笑

迷っていた要素と、調べて思ったことを列挙。

迷っていた要素①:携帯性
MacBookなら920gですが、MacBook Proだと1370g。
今まで使っていたノートが1kg超級だったらまあよかったのですが、NEC Lavie Zが800gだったので、ペットボトル1個分以上重くなるのってどうなんだろう、という思いから、悩んでしまっていました。
実際、ペットボトル1個余計に家から持っていく日って結構重く感じましたし…

迷っていた要素②:性能
今多くの臨床分野で流行りのPython等を使った機械学習。

それだけで食っていけるほどには使いこなせなくても、

  • 最先端のエンジニアたちが何をやっているか理解できること
  • 機械学習を使ってできそうなこと、出来なさそうなことを見極めること
  • そのエンジニアたちと会話を成立させること

このくらいのレベルは研究生活をするにあたって今後求められるものなのかなと。
自分でもデータの処理から入って簡単な例題を解くことをはじめてみて、今後時間をかけて習得したいかどうか確かめつつ、やっていこうと思っています。

ということでやりたいこと。

  • 画面半分に分けてレポート、文献調査
  • 時々プログラミング
  • ブログ執筆、ネットサーフィン、動画
  • 音楽再生、写真の閲覧・管理

狭いのと、もっさりするのは嫌いなので、ここではPro13がリードしました。

調べて思ったこと:母艦とモバイル
Apple信者たちの記事を読んでいると、家での作業のメインで、所持する様々なデバイスの同期先になる「母艦」という役割を果たすパソコンがあることに気付きました。

考えなきゃいけないことが増えた…((o(;△;)o))
冒頭には書かなかったのですが、家には家族共用のTOSHIBA REGZA D71があり、画面21.5インチということで生産性が全然違うため、基本的にこちらを使っています。
一人暮らしになってデスクトップを失った時に、母艦がMacBook Proの13インチだと小さくて不便かな?という感情が生まれたのです。どうせ後々iMacを買うなりしてモバイル専用になるなら、最初からコンパクトな方でいいじゃないか精神(そんなお金どこにあるんだw)。

しかーし。
デュアルディスプレイという技を知ってしまったのです。
必要になった時に、モニターを買えばOK。Pro13は十分広い母艦になれそう^^

そしてこの調べを進めて行くうちにiPad airの存在を思い出しました笑
iPad airにキーボードを買って、軽い作業しかしない日はProを持ち運ばないようにすればよい(ガッツリやるぞ!という日は気合を入れて持って出かける)という①への解決策も考案。

そこまで安くもないMacbookを敢えて買う必要はなく、買うならMacBook Proかな~、というところまで来たのが今日の進捗状況です。最後の後押しが欲しい(笑)

—————————
他の医大生ブログに飛べ、私のモチベーションにもつながるこちらのボタン、ぽちっとお願いします!
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

*********
他の医大生ブログに飛べ、私のモチベーションにもつながるこちらのボタン、ぽちっとお願いします!
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
レグレンタル(大)その1
レグレンタル(大)その1