暗記に頼らずに上手く話すこと。

ICLS講習会に向け、本日も元気に練習してきました。
この間書いた新入部員を中心に任されるインストラクターは、本番までに3回練習しなければいけないという決まりがあるのですが、隔週で午前と午後のブースを練習していることもあり、本練だけでは間に合わない感じだったので、先輩が一時間早い時間から自主練を設定してくれました。

ということで、5限の時間に設定されていた麻酔科の試験を猛烈な勢いで解いて退出し、練習へ。
もはや手応えの感触がありません。過去問どおりのところはバババっと解いたのでもはや記憶にない(笑)

〈行ったときの状況〉
午前の4分の説明:2週間前に一応暗記
午後の10分の説明:ノータッチ

一回目なので、マニュアルを見ながらでも大丈夫とのことだったので、テスト後だったということもありこんな感じで行きました。

そして初めて部員の前で実演。
元気さとアイコンタクトを意識するも、覚えた原稿は飛ぶし、板書を上手く使った説明がなかなかできず。
例のサンドイッチコメントでは、意識していたアイコンタクトや声の大きさ・質を評価されるも、内容については、

原稿を暗記するのではなく、マニュアルの段落ごとのポイントと順番を押さえておいて、後は自分の言葉で話す。そうすれば、マニュアルのポイントは板書と殆ど一緒だから、板書を利用した良い発表ができるし、ちょっと言い間違えても、流れに沿って進めれば講習生には分からない

というようなアドバイスをいただきました。

たーしかに。
今まで発表が上手くなかったのって、これに起因するものが大きいのかな、と思いました。
自分の言いたいことを決めて理解したら、しっかり要点を絞って頭に入れておく&スライド等を作る。
そしてつなぎ方とかは、場に任せる。場をもっと楽しみながら、感じるようにする。

そういう発表者に、私はなりたい。
日々成長。

—————————
他の医大生ブログに飛べ、私のモチベーションにもつながるこちらのボタン、ぽちっとお願いします!
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

*********
他の医大生ブログに飛べ、私のモチベーションにもつながるこちらのボタン、ぽちっとお願いします!
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

留学をもっと有意義にするための英会話教室、Mainichi Eikaiwaのご紹介
Mainichi Eikaiwa HPへ

文化放送レジデントレビューで連載中!偶数月15日更新です!
たまごのひよこ「医」コラムへ
スポンサーリンク
レグレンタル(大)その1
レグレンタル(大)その1

『暗記に頼らずに上手く話すこと。』へのコメント

  1. 名前:Wonder(Lumirs) 投稿日:2017/11/09(木) 11:13:39 ID:b1ba36349 返信

    日々成長いいですねー

    自分はこんなおっさんになっても
    自分が目標に達したとか思ったことありません。
    他人から認めてもいいと思うよって言われても認めません。

    認めてしまったら、そこで成長が止まるような気がして
    なので、人生日々成長ですb

    頑張りましょう(・∀・)

  2. 名前:たまごのひよこ 投稿日:2017/11/13(月) 13:37:40 ID:2bca03c11 返信

    @Wonder(Lumirs)さん

    僕も、人間満足したら終わりだと思います!
    今後も頑張りたいです\(^o^)/