“インスタ映え”する身体を目指して

はじめに。
「インスタ映えする身体って何イキってんだよ見せ筋のことだろ」
って思った人は直ちに反省文をコメント欄に書いてください。笑。
嘘です、流行に乗ってカッコつけただけですこめんなさい。

前回のInbody結果を晒した記事で、今までは競技の為に筋肉の総量を増やすべく脂肪ごと体重を増やしていたことを書きました。後1か月ほどで一応引退なので、今後はより綺麗な身体を目指しているわけですが、その数日前の記事では、体重3桁にする気概は無いからボディービルダーを目指すという言い方は辞めるとも。

最近、本や


トレーニングマガジンの購読に加えてインスタグラムでボディービルダーの方をフォローして、モチベーションを高めているのですが、そんな時に思いついたのが、この”インスタ映えする身体”というフレーズ。

そんなインスタグラマーの中で一番のお気に入りは@yushi0823さんです。
身体の仕上がり、筋の切れ方や大会での成績はもちろんすごいのですが、特に気に入っているのが最近投稿してくださっている部位別トレーニング連載。

トレーニング法や意識すべきところの解説がとても丁寧ですが、これだけであればもっと網羅的に書かれたいい文献もあると思います。
yushiさんの連載の大きな特徴は、質問・コメントへの100%返信!!
コメント欄の疑問は、自分も気になっていたところばかり。皆熱心に本や雑誌を読んで同じ疑問を持って日々トレーニングしてるんだな、と仲間を見つけたような嬉しさを感じ、また返信を読んでかなりスッキリした気持ちになりました。
いつも「質問してやるぞ~」と意気込んで記事を読みコメント欄を見るのですが、結局「あ、書いてあるじゃん」と質問せずに終わるという流れです(笑)。まだ一般人が到達していない段階の質問が思いつくレベルではないようです。悔しい。

そんな私の近況。
以前より下腹部がドローイン動作で動くようになりました。脂肪も薄くなっている気がします。
行っていることの中心は、電車の中など思い立った時のドローインと、レッグレイズです。

解剖で起始停止を習いました(腹直筋だと、大まかに起始が恥骨で停止が剣状突起と肋骨)が、どうやらこれは筋トレでも役に立つようです。
起始が動かずに、停止が近づいてくるのが筋収縮。腹直筋だと、骨盤に向かって胸の方が縮んで動いていくことで上体を起こすことができます。筋トレでは、この停止側に近い方で筋肉がつきやすいというのが大事になるようです。
つまり、上体を起こすシットアップでは、上腹部が鍛えやすいということ。だから下腹部が最重要課題の私は、上体を腕でベンチに固定してベンチからお尻をはみ出させ、脚を上下させるレッグレイズに取り組んでいるのです。

そんなことに取り組んでいたところ、同期の尊敬する、体重比でベンチを学年一あげる細マッチョに、
「線みえてきたし痩せればいけそうじゃね!」
と言ってもらうことが出来て、テンションが上がっている次第であります。

これからも頑張るぞい。

明後日は産婦人科の試験。
そっちも頑張るぞい。

—————————
他の医大生ブログに飛べ、私のモチベーションにもつながるこちらのボタン、ぽちっとお願いします!
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

*********
他の医大生ブログに飛べ、私のモチベーションにもつながるこちらのボタン、ぽちっとお願いします!
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

文化放送レジデントレビューで連載中!偶数月15日更新です!
たまごのひよこ「医」コラムへ
スポンサーリンク
レグレンタル(大)その1
レグレンタル(大)その1