抜け殻での東医体バドミントン観戦

お久しぶりです。
8月3日からずーっと更新できず。すみません。
ブログランキングも駆け下り、ライブドアのレベル別ブログランキングも久しぶりに星2つに下がってしまいました。

何をしていたかっていうと。
8/3 染髪からの人狼会
8/4 松本へ移動。東医体公開練習
8/5 東医体1日目(2種目)
8/6 東医体2日目(1種目、レセプ)
8/7 松本観光、バド観戦①
8/8 バド観戦②

※記事を書き次第リンクで繋ぐ予定です。
流石に休みすぎなので、日付改竄でいっぱい投稿して追いつきます(笑)

自分の東医体が終了して2日が経ちました。
結果は別記事で書くことにして置いておこうと思うのですが、幹部の東医体が終わり、まだ身体もあちこち痛くて、走りやウェイト、筋トレはおろか、投げすらしたい欲が浮かばないというのが正直なところです。

そんな中、2日連続でバド部を観戦しに行っています。
Screenshot_20170807-182323
道路も。
1502196784426
電車も止まってしまい、昨日帰るはずだった首都圏の陸上部員たちの多くが、松本や長野・甲府で足止めを食らっていたようですが。

「東医体観戦三昧長野県満喫旅行」を計画していた私にこの足止めは無意味!!笑
泊まっているところからほど近い松本市総合体育館でバドミントン部の同期たち(結構居る)を必死に応援してきました。

勝たないと次のラウンドには進めないとかそういう仕組みはあるけど、1つのレースの中では自分の練習してきたことは全てそのまま出せる陸上競技と違い、対人スポーツは当たる相手の運やメンタルの揺さぶりなど様々な要素があり難しいな、というのが最初の率直な感想でした。

また、1回でもミスったら試合終了となるマッチポイントでも、確実に守りに行こうなどと変なことを考えると逆に変な動きになって負けてしまうので、普段と同じように動かないといけない。
トップ選手の試合も、同期たちの試合も、色々見ることが出来ました。特に、セットポイント・マッチポイントを握られてから逆転して勝ったセット・試合を何度も見て、そのたびにかなりの感動を覚えました。

と同時に、バドの人たちってプレッシャーに強そうだな、と思いました。
その能力は自分も少しでいいから身に付けたいものです。

IMG_5486

—————————
他の医大生ブログに飛べ、私のモチベーションにもつながるこちらのボタン、ぽちっとお願いします!
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

*********
他の医大生ブログに飛べ、私のモチベーションにもつながるこちらのボタン、ぽちっとお願いします!
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

留学をもっと有意義にするための英会話教室、Mainichi Eikaiwaのご紹介
Mainichi Eikaiwa HPへ

文化放送レジデントレビューで連載中!偶数月15日更新です!
たまごのひよこ「医」コラムへ
スポンサーリンク
レグレンタル(大)その1
レグレンタル(大)その1