アスペルギルス症に要注意?

病棟を建て替える時は、アスペルギルス症が発生しないようにすることに一番注意している、というのが感染症の授業の中でかなり記憶に残った内容です。たまひよです。

「免疫不全者がカビの一種であるアスペルギルスを多量に吸い込んだ場合に起こる日和見感染で、建物の改築・建築等に伴って大量に飛散する場合等に発生することがある」ということだったので、ご高齢の患者さんが多いであろう病院を建て替えよう、なんていう時は本当にハザードが高そうですね。

水をしっかりかけて置くこと、作業している建物を覆うこと、使っている病棟で窓を開けないこと。
この辺を徹底しているとのお話でした。

新棟を建てて、旧棟を取り壊す。
昔道が走っていて駐車場があったところが新棟になり、旧病棟が取り壊されて駐車場になる感じだったと記憶しています(完成像も、入学当時の昔の病院の様子も、もはやちゃんと覚えていません笑)。
できれば1回更地にして、1から理想の施設を作り上げられたらいいんだろうな~なんて思いますけど、その間の患者さんのこと、収入・雇用のことを考えると、無理無理、って感じですね。

この間、通っていた中学校の校舎が建て替わったということだったので友人と見に行ったのですが、自分たちが通っていた頃の校舎の姿を全然覚えていなくて、何か悲しい気持ちになりました。
そういえば、小学校の頃住んでいた家がどんな感じだったかも覚えていないような…

人間の記憶って儚いですね。
意外と時々気になるので、色々写真を撮っておけたら楽しいんだろうな~
今は、データで管理できるので、お金もかからないし、保管もたいして場所を取らないし。

目に焼き付けるのもそうだけど、写真もたくさん撮っていきたいですね。
(お前はウェイトルームの新機材の写真を撮ってからしゃべれw)

—————————
他の医大生ブログに飛べ、私のモチベーションにもつながるこちらのボタン、ぽちっとお願いします!
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

*********
他の医大生ブログに飛べ、私のモチベーションにもつながるこちらのボタン、ぽちっとお願いします!
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
レグレンタル(大)その1
レグレンタル(大)その1