医学部に入って、将来の目標がぼやけている???

先日。昼過ぎの授業がいつもより30分遅くスタートするということで、隣駅まで繰り出してランチ。
道中で小学校の頃から仲が良かった医学部の同期と、深く、結論のない話をしてしまいました。

ということで今日の記事はいつも以上にまとまりがないです。
アドバイス、意見があったら是非いただきたい内容です。

話のきっかけは、彼が言ってきた「医学部に入ってしばらく経つけど、昔は明確だったように思えていた目標が曖昧になってきた気がする」ということ。

「お前は何を今目標にしているんだ?」と聞かれました。

今の研究室で臨床研究を続け、学会発表や論文で成果を残す。
TOEFLでいい点を取って6年生の時にアメリカに短期留学に行って色々見る。
臨床に携わりながら、臨床研究をしたい。

そんなことを答えてみました。

すると、具体的な目標は何となく決まっていくけれども、
そのゴールはどこなの?というところは、当たり前みたいな感じで済まされていない?

と。こういう疑問でした。

あゝ確かに。

人を治したい、笑顔にしたい。
そんな思いで小学校の時から医師を目指していたはずなのに、それを忘れていないか。
折角医学部に入ったのに「どうやって救いたい」が具体的になってないのではないか。

医者になれば人を救えると漠然と思っていた子供のころ
無題
図で表すとこんな感じ。

この状態から医学部に入り、色々な診療科が分担して作業をしていて、薬剤師・看護師・PT etc. 様々な皆さんと協力する必要があることを知り、
自分の中で興味ある科ができてきて。
興味ある研修病院ができてきて。
無題2
今ここです。

目標を聞かれたときに挙げてしまったことのように、結局自分の能力を高めることが中心になっていて、患者さんのこと、最初の目標が置いてきぼりになっていないか。
そんなことを改めて考えさせられました。

本当は進路や人生の選択は、
無題3
こうでなくてはいけないのじゃないか、と(平面に起こすと分かりにくいな)。

でも、こんなこと考えられているひとなんて、いるのかな??
人間は色々な人の刺激を受けて、気付いたころには思いもよらない方向に進んでいた、なんてこともあると思うし、目標やその選択の理由は後付けでいいんじゃないか、と思う自分もいます。

その人が名誉を得たいと思っていようが、人を救いたいと思っていようが、医療行為を続けていれば誰かの役に立つだろうし。
その人が教授になりたいと思っていようが、医療に貢献したいと思っていようが、臨床での疑問から論文を書けば必ず誰かの役には立つし。

(不正さえしなければ、という条件はありますが。笑)

今回の友人のような疑問を持たない性格ならば、考えない(ようにする)手もある(?)

まあ何を軸に置くかも含め、じっくり考えます。

—————————
他の医大生ブログに飛べ、私のモチベーションにもつながるこちらのボタン、ぽちっとお願いします!
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

*********
他の医大生ブログに飛べ、私のモチベーションにもつながるこちらのボタン、ぽちっとお願いします!
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

留学をもっと有意義にするための英会話教室、Mainichi Eikaiwaのご紹介
Mainichi Eikaiwa HPへ

文化放送レジデントレビューで連載中!偶数月15日更新です!
たまごのひよこ「医」コラムへ
スポンサーリンク
レグレンタル(大)その1
レグレンタル(大)その1

『医学部に入って、将来の目標がぼやけている???』へのコメント

  1. 名前:goma 投稿日:2017/05/24(水) 19:02:37 ID:de0f50f9e 返信

    こんばんは。
    はじめてコメントします。
    アドバイスができる訳ではないので申し訳ありませんが、僕も今医学部四年生(留年者ですが)であり、同じ学年の方がこのようなことを考えられていることに心を動かされましたのでコメントさせて下さい。

    「たまごのひよこ」さんは、自分の進路や人生の選択について、改めて真剣に、初心に帰りながら、でも初心だけでは考えることのできないことを、これまでの医学部生活三年間を通した経験をもとに考えられた、ということですね。

    自分の進路・人生選択に関してこの場で答えがでることは正直、ないのではないかと思いますが、ここで真剣に考えた、という経験が後で役に立ってくるものなのではないでしょうか。

    もちろん、考えなくともいいでしょうし、真面目に目の前の試験をクリアしていくだけでも、それは素晴らしいことであり(僕はそれができていません)、そのようなことを通じて、一生懸命頑張るということを学ぶことができるので最終的には良い医者になれるのではないかと思います。

    しかし、進路について悩み、色々考えた経験は、目の前の患者さんに対して真剣に向き合える力へと変わっていくものなのでは、と思ったりもします。

    ですので、進路に関して何らかの答えを出すことも重要ですが、今回、色々と真剣に考えられた、その経験こそを大事にして、目の前の勉学に励めばよいのではないかと僕は考えます。

    何のアドバイスにもなっていなくてごめんなさい。
    また、突然長いコメントをしてしまい、申し訳ございませんでした。
    是非頑張って患者さんと向き合える臨床医、臨床研究医になって下さい。
    少なくとも、僕は一回目の四年生時、そして今もそんな風なことを真剣に考えるようなことはできていません。
    目の前の試験でいっぱいいっぱいです。

    駄文、失礼致しました。また、上から目線の意見で申し訳ございません。

  2. 名前:たまごのひよこ 投稿日:2017/05/28(日) 17:55:35 ID:589fc6ab0 返信

    gomaさんこんにちは。

    この記事は、友人と話になった時からいつか更新しようと思い少しずつ書き綴っていたもので、まとまりがなく分かりにくかったと思います。
    駄文など、とんでもないです。上から目線だったのではないかなど、本当にお気になさらないでください。

    そうですね。大学生活も半分すぎたところで、改めて考えてみたというところです。
    色々考えてみましたが、確かにまだ20年ちょっとしか生きていないこの場で今後の全てが見通せて答えが出せるわけはないですね(出せたと感じたなら、それは思い上がりですかね)。
    仰る通り、私にできることは、このことを考えた経験を糧に、答えに近づけないか頭の片隅で少し考えながら、目の前の試験や課題をクリアできるように努力していくことだと思います。
    アドバイスになっていないということは全くなく、しっかりメッセージを受け取ることができました。

    「答えが出ないこと」が答えというのは非常に書きづらかったかと思いますが、改めて、わざわざコメントありがとうございました。
    くだらないことばかり書いていますが、また来られた際にはぜひコメントよろしくお願いします。
    今後もおなじ医学部生として、仲良くさせていただければと思います。