自主学習安全講習で4年生開幕。

自主学習は研究室に所属して、人によっては実験を行ったりするそう。
そのため、新年度は安全についての講習と、しっかり聞いていたか確認するという感じではなく、楽しくケーススタディーするための五者拓二形式7問の小テスト、解説が行われました。

「隣の人と交換して採点しようか、懐かしいよねこの感じ!」
と言われると、皆少し照れながら確かにと頷いていました。
私はよく塾で小学生にそれやらせてる(昨日もやりました)から馴染みの光景って感じだったけど(笑)

なかなかユーモアのある先生で、間違った選択肢のひとつひとつが笑える。
かと思えば本当に印象的な引っかけ問題も数多く。良い30分でした。

いくつか○×形式で書くので是非皆さんも解いてみてください!笑

1. 衣服に火がついてしまった時は、仰向けになって衣服をバタバタさせて消す。
2. しばらく席を離れるため、実験用のヒーターを手元のスイッチで消した。
3. よく理解することはできなかったが、安全のガイドラインに目を通した。

答えは記事の末尾にて♪

その他の配布資料に、「病院内のドレスコード(原則)」というものがありました。
そこには、

「髪の色は、日本ヘアカラー協会(JHCA)のカラーコード5~6を基本とする。」

との記載が。
からーこーどッテナンダ。

まず、色が小さい方と大きい方、どちらが明るいのか全く想像がつかない。
そして当然カラーコード5がどのくらいなのかも分からない。

ということで調べました。
154_1
日本人の地毛の平均がJHCA4~5くらい。
一般的な会社で許されるのが7か8位までらしい。医療現場は厳しいですね、やはり。

今年は東医体ヘアーでブリーチしないでいけるレベルに染めてみようと思っているのですが、それだと12位までいけるらしい。そして髪が細い人は明るく見えるらしいので、結構いけるかも!(笑)

(テストじゃなく) 皆に会え、とても楽しかったです。
明日から勧誘頑張ります!

<問題の答え>
1.× 服に火が付いたら、床にローリングしてください。最終手段は仰向けではなくうつ伏せ。
2.× 手元のスイッチでなく、コンセントからプラグを抜いてください。プラグの上のほこりから発火!ということは、年に数件起こるらしい。 
3.〇 全部は理解できなくても、読むことが大事。これは実際に定められているらしい。驚きですね。

—————————
他の医大生ブログに飛べ、私のモチベーションにもつながるこちらのボタン、ぽちっとお願いします!
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

*********
他の医大生ブログに飛べ、私のモチベーションにもつながるこちらのボタン、ぽちっとお願いします!
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
レグレンタル(大)その1
レグレンタル(大)その1