医学生は単位パンで何を願う?

臨床の講義が始まってワクワクしていたのもつかの間。
2週目の後半に差し掛かり、もう飽きてしまったという感じがある。

原因は、授業の形式と内容の重複にある気がする。
肝障害度のChild分類なんてこの2日間で3回聞いたぞ。笑
3つの授業のタイトルは「急性肝炎、急性肝不全」「肝硬変、門脈圧亢進症」「肝臓癌 内科的治療総論」で、それぞれ別の先生が担当してくださった。
どの先生も、詳しい項目は今覚える必要はないとおっしゃったので、「Child分類 覚えなくていい」という記憶だけが定着した。悲しきかな。

君たち何回生?何年生?というくだりも、そろそろ返すのが面倒になってくる。
いいエピソードがないならやめて貰えるとありがたいなあ、できればその位把握した状態で授業しに来てくれないかなあ、と思うが、臨床の先生方が来てくださるだけでもっと感謝しなければならないか。失礼した。

休み時間に、昨日生協で買った単位パンとやらを食べる。
IMAG1694
最後の1個だったので、つい買ってしまった。この調子で試験もギリギリでもいいから拾っていきたい。

「単位くれっていうよりは、進級させてくれって感じだよね」と生協のおばさまとのやり取り。
単位を取って進級する他学部の人間からすれば何を言っているのか分からないやり取りだろう。沢山の科目を履修していくつ以上取ればいいという世界ではなく、必修が決まっていてそれをすべて回収しなければいけない医学部特有の考え方か。更にうちはいくつか科目を落としても持ち越しで進級させてくれる甘い学校だ。考え方が単位パンのクリーム位甘い。自然と喋ることが常識から外れていくのである。

一昨日のブログでN◯Cへの苦情を書いて、パソコンをシャットダウンして戻ってきたら、画面のちらつき現象が治まっていた。
前回の修理後に微妙な不調に悩まされた時も、お金はもったいないけどSurfaceに買い替えるか真剣に検討し出して不調を我慢しながらSurfaceについて検索しなおした途端直ったし、意外とツンデレというか、まあカワイイやつなのかもしれない。
しかし、パソコンの不調というのは、微妙な違いであっても、触れる時間が長い分大きなロスにつながるものだ。次はないぞ、と声をかけつつブログを綴るのである(もっと有効活用しろ)

—————————
1日1回、お願いします。
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

*********
他の医大生ブログに飛べ、私のモチベーションにもつながるこちらのボタン、ぽちっとお願いします!
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
レグレンタル(大)その1
レグレンタル(大)その1

『医学生は単位パンで何を願う?』へのコメント

  1. 名前:あかね 投稿日:2017/01/22(日) 17:16:49 ID:b48981148 返信

    はじめまして。
    いつも読ませていただいてます。同じく医大生のあかねと申します。

    授業、ほんとにわかります笑
    私はまだ2回生で臨床について習ってない身ではありますが、
    内容かぶりの上、同じことを2つの試験で聞かれたり、すこしうんざり(?)することもあります笑

    これからも応援しています!

  2. 名前:たまごのひよこ 投稿日:2017/01/23(月) 10:55:57 ID:589fc6ab0 返信

    あかねさん
    いつも読んでくださっているということで、ありがとうございます!
    これからの更新にも身が入ります。

    うちの大学では授業に出ている人が3割ほどで、皆試験について自分で勉強したり、しなかったり(笑)と自由にやってます。自由な雰囲気がいいところでもあり、授業の質が上がらない原因でもあるのかな、と。
    来年度始まる自主学習という研究室での活動をきっかけに興味のあることについて自分で進んで勉強するのが主体になると漠然と感じています。

    というわけで研究についてを中心にあかねさんのブログも参考にすると思います(*_*)
    更新頑張ってください!またコメントください!